自由が丘 目黒区 世田谷区 クリニック 一般内科 内科 消化器科 循環器科 胃カメラ 胃内視鏡 大腸内視鏡 土曜診療 日曜診療 祝日診療 年中無休

診療案内 - 予防接種

内科


A型肝炎、B型肝炎、ツベルクリン反応、インフルエンザ、肺炎球菌ワクチン、おたふく、みずぼうそう、風しん、麻しん、などに対応しています。 接種をご希望の方は事前にお電話にてご確認ください。

予防接種は全て、予約制となります。お電話にてご予約の上、ご来院ください。

※また、予防接種の受付時間は、最終診療終了時間の1時間前までとなりますのでご注意ください。



インフルエンザ予防接種

※ 2017-2018年シーズンのインフルエンザ予防接種の受付を開始いたしました。

インフルエンザに罹らないように予防することが大切です。

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染して起こる病気です。通常の風邪と比べると症状が重く、抵抗力の弱い高齢者や乳幼児では肺炎を併発して重症化する場合もあり、時には死に至ってしまうこともあります。ウイルスに感染してから症状が出るまでの期間が短く、感染力も強いことが特徴で、例年11月下旬頃から3 月上旬頃まで流行します。まずはインフルエンザにかからないために、インフルエンザ予防接種をおすすめします。

○接種開始日

平成29年10月1日から接種可能です。
予約制となります。土日祝日も対応可能です。お電話にてご予約ください。

予防接種は予約制となります。
TEL 03-6421-1080

| 対象年齢

●15歳以上の方
※15歳以下の方は、小児科にて接種をおこなっておりますので、自由が丘メディカルプラザ小児科
( 03-5731-3565)にてご予約ください。

※状況によりワクチンが不足する場合もございますので、接種ご希望の方はお早目の ご予約をお勧めします。その他、ご不明な点は受付スタッフまでお気軽にお声かけください。

※今年度はワクチンの供給量に不足が懸念されているため、13歳以上の方の接種は、 原則1回接種となります(医師が特に2回接種が必要と認めた場合は除く)。

○インフルエンザ予防接種を希望される方へ

予防接種ご希望の方は、こちらを印刷してご利用下さい。

任意接種用の
インフルエンザ予診票
※高齢者インフルエンザ対象の方は、必ずお住まいの区より郵送されております専用用紙(予防接種記録票)にご記入の上、ご来院ください。お持ちで無い方は、高齢者インフルエンザ助成の対象外になります。

「インフルエンザワクチンの接種を受けられる方へ」をお読み下さい。


トップに戻る

【高齢者インフルエンザ助成のお知らせ】

※予約制となります。お電話にてご予約ください。

| 対象者

(1)東京都23区内に在住の65歳以上で接種を希望される方
(2)区からの専用用紙(予防接種記録票)をお持ちの方

に住民登録(外国人登録)のある60歳以上65歳未満で、心臓・腎臓・若しくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能の障害を有する方(身体障害者手帳1級の方)で接種を希望される方 。※当日必ず、身体障害者手帳をお持ちください。

※高齢者インフルエンザ対象の方は、お住まいの区より郵送されております専用用紙(予防接種記録票)にご記入の上、ご来院ください。

| 受診期間

 H29年10月1日~は、お住まいの区の実施要項に準じます。






●接種を受ける時の注意

1. インフルエンザワクチンの必要性や副反応について不明な点がある場合は、接種を受ける前に医師に相談しましょう。
2. 受ける前日は入浴(又はシャワー)をして、体を清潔にしましょう。
3. 当日は体調をよく観察して、ふだんと変わったところのないことを確認して下さい。
4. 清潔な着衣をつけましょう。
5. 予診表は接種する担当医師への大切な情報です。正確に記入するようにしましょう。接種を受ける方がお子さんの場合、母子手帳があれば持って行きましょう。

●予防接種を受けることができない方

1. 明らかに発熱のある人(37.5度を超える人)
2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人
3. 過去に、インフルエンザワクチンの接種を受けてアナフィラキシーを起こしたことがある人。なお、他の医薬品投与を受けてアナフィラキシーを起こした人は、医師に接種を受ける前にその旨を伝えて判断を仰いで下さい。
4. その他、医師が予防接種を受けることが不適当と判断した人

●予防接種を受けるに際し、医師とよ相談しなくてはならない方

1. 心臓病、腎臓病、肝臓病や血液の病気などの人
2. 発育が悪く医師や保健師の指導を継続して受けている人
3. 未熟児で生まれて発育の悪い人
4. カゼなどのひきはじめと思われる人
5. 前に予防接種を受けたときに、2日以内に発熱、発しん、じんましんなどのアレルギーを思わす異常がみられた人
6. 薬の投与又は食事(鶏卵、鶏肉など)で皮膚に発しんが出たり、体に異常をきたしたことのある人
7. 今までにけいれんを起こしたことがある人
8. 過去に中耳炎や肺炎などによくかかり、免疫状態を検査して異常を指摘されたことのある人
9. 家族の中で、または遊び友達、クラスメートの間に、麻しん(はしか)、風しん、おたふくかぜ、水痘(みずぼうそう)などの病気が流行している時で、まだ、その病気にかかったことがない人
10. 妊娠の可能性のある人
11. 気管支喘息のある人

接種を受けた後の注意

1. インフルエンザワクチンを受けたあと30分間は、病院にいるなどして様子を観察し、医師とすぐに連絡をとれるようにしておきましょう。
2. インフルエンザワクチン接種後、24時間は副反応の出現に注意しましょう。
3. 接種当日の入浴は差し支えありませんが、注射した部位をこすることはやめましょう。
4. 接種当日は接種部位を清潔に保ち、いつも通りの生活をしましょう。またはげしい運動はさけましょう。
5. 万一、高熱やけいれん等の異常な症状が出た場合は、速やかに医師の診察を受けてください。

※状況によりワクチンが不足する場合もございますので、接種ご希望の方はお早目の ご予約をお勧めします。その他、ご不明な点は受付スタッフまでお気軽にお声かけください。

トップに戻る