1. HOME
  2. 医療コラム

在宅医療コラム

みんなで支える人生の最終段階の過ごし方~「人生会議」してみませんか~

誰でも、いつでも、 命に関わる大きな病気やケガをする可能性があります。 人生の最終段階を迎える状況は様々ですが、年とともに徐々に動けなくなり、 食べられなくなり、そして意思表示が難しくなるケースが増えています。

 どこまで積極的に医療を行うかを決定するのは非常に難しい問題ですが、 命の危険が迫った状態になると70% の方が、これからの治療やケアなどについて自分で決めたり、人に伝え たりすることができなくなるといわれています。

 最近、ACP(アドバンス・ケア・プランニング。愛称は「人生会議」)という取組が提唱されています。 もしもの時に、あなたの考えに沿った治療やケアを受けられるように、人生観や価値観、どのような医療やケ アを望んでいるかについて、本人と家族だけでなくかかりつけ医や介護の専門家とも一緒に前もって話し合い、 合意形成するというものです。

次のようなステップで話し合いを進めると良いでしょう。

STEP1 | あなたにとって大切なことはなんでしょう?

もし残された時間が短いとしたら、あなたにとって大切なことはなんでしょう?
あなたの価値観や人生観を考えてみましょう。

  • 「家族や友人のそばにいたい」
  • 「家族や友人に迷惑をかけたくない」
  • 「仕事や社会的な役割を続けたい」
  • 「痛い、苦しいことは嫌だ」
  • 「出来る限りの治療を受けたい」
  • 「少しでも長く生きていたい」

など、色々あると思います。そう思った理由も考えてみましょう。

STEP2 | 信頼している家族や友人とも共有しましょう

あなたの事をよく理解してくれていて、信頼できる人(家族、親戚、時には友人など)と、あな たの価値観や人生観、治療やケアに対する希望を共有しましょう。あなたが意思表示できなくなっ てしまった時に、あなたの思いを代弁してもらうためです。

STEP3 | かかりつけ医や看護師、介護スタッフとも相談しましょう

あなたの治療やケアに関わっている医師、看護師、介護スタッフなど、色々な視点を持った 人達の意見も参考にして、あなたの気持ちを共有しておくと良いでしょう。

STEP4 | ゆっくりと時間をかけて話し合いましょう

「気持ちが変わる」ことはよくあります。病状や症状の変化によっても考えは変わって当然です。 一度で決めようとせず何度も話し合いながら考えましょう。結論を出すことではなく、一緒に話 し合っていくプロセスが重要です。


 このような取組は、個人の主体的な行いによって考え、進めるものです。心の準備が不十分で、 知りたくない、考えたくないという方へは一度に深いところまで話しこまない心遣いが必要です。